「これから」におすすめのサプリメントをお届けするビーンウェル

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120910418
ログイン カート

プラズマローゲンとは

プラズマローゲンは、体の組織を構成するリン脂質の一種で、特に脳や心臓、骨格筋などの酸素消費量の多い組織に多く含まれています。
リン脂質は人の脳に含まれている脂質のおよそ半分を占めていて、プラズマローゲンは脳で重要な役割を果たしていると考えられています。

プラズマローゲンと脳の関係

高齢者の体内にあるプラズマローゲンの濃度が、健常な若年成人と比べて約40%も引くいという報告があり、プラズマローゲンの量が加齢に伴って減少することが分かっています。

血清中プラズマローゲン濃度の変化

さらに、アルツハイマー患者の脳には、健常者の脳に比べてプラズマローゲンの量が少なくなっていることから、プラズマローゲンが脳の認知機能を維持するために重要な役割を果たしていると考えられるようになりました。

健常者とアルツハイマー患者の
脳のプラズマローゲン量

アルツハイマー型認知症になると、脳内にアミロイドβというたんぱく質が蓄積されることが分かっていますが、アミロイドβがたまりすぎてしまうと脳の神経の活動が妨げられ、脳の萎縮の原因となってしまいます。
プラズマローゲンはアミロイドβの蓄積を抑えて分解を促進し、さらに掃除して貯まらないように働きかけます。

学習機能の低下予防にも

他の研究から、プラズマローゲンを経口摂取したラット(ネズミ)は、摂取していないラットよりも学習機能の低下が抑えられたという結果が見られました。

つながった2つの部屋の一方にラットを入れて、合図の後に床に電流を流します。
すると、ラットは電流を避けて電流を回避しようとします。
学習能力や記憶力が衰えると、合図があっても電流を回避する行動が起こりにくくなってしまいます。

上記の通り、プラズマローゲンは
脳機能に深く関わりのある成分として
近年注目されています。

おすすめコンテンツPick Up

ページの先頭へ